南木山物語(6)

北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ《田舎暮らし&リゾート》

トップ 貸別荘 地 図 別荘地の紹介 物語(3) 物語(4) 物語(5) 物語(7) 物語(8)

                       南木山別荘地の生い立ち                           作  唐松 緑

 話は今から40年前にさかのぼる。
 舞台は北軽井沢・南木山 植林されてから10年位の若いから松林の山だ。
 浅日国三郎は北軽井沢の町外れにある広い野原に立っていた。ここからは、南木山(なぎさん)がいくつのもの連山から成り立っていることが良くわかる。
 国三郎は細い皮ひもで首からつっている望遠鏡を眼にあてて熱心に南木山を眺めている。彼が眺めているのは南木山の中で、もっとも北軽井沢に近い南斜面一体だ。彼は1年中、性懲りも無く望遠鏡で見ていた。
 冬はからまつが茶色の枝だけになり、その上に雪が積もって山が美しい白い衣をまとっている。
 春になると、黄緑色のからまつの芽吹きが、山全体に若々しい生命の息吹を感じさせる。
 夏 風になびくから松の林は、山の精が歓喜にあふれて踊っているようだ。
 秋 黄金色になったから松の紅葉は、人生の成熟した様さえ感じさせる。
 「自然と調和して生きる喜びを、南木山は教えてくれる。」 国三郎は体中で感じていた。
北軽井沢の別荘 貸別荘にあるハンショウヅル
 「計画どうりにいったら、私の最後の大仕事になる。北軽井沢も発展するだろう。失敗したら・・・
浅日国三郎は望遠鏡をのぞきながら考えていた。
 「しかし、実行には細心の注意が必要だ。」
 次に国三郎がした事といえば、作業着を着て長靴を履き、太い杖を持って南木山の山中に入っていくことだった。この頃の南木山は道といえば、からまつの植林のために造った細い道が何本か通っているだけだった。
 国三郎は狩りが好きで、若い頃から道などは無い山中を歩き回って、きじや山鳩・いのししや野うさぎ等を追いかけていた。射止めた時の快感がたまらなかったのである。どんな山中でも国三郎は平気だった。
 南木山では山の頂上に登ったり、草木を掻き分けて山間を縦・横・斜めに歩き回った。
 その結果、南木山の山中には何箇所もの小川があり、くねくねと縦横に流れていることを発見した。
 未開の山中に流れる小川のほとりには、赤や黄色、白・紫の花々が咲き誇っている。又オニヤンマ・シオカラトンボ・アカトンボ・イトトンボなどが飛び、アゲハチョウ・モンシロチョウ・シジミチョウなどが舞っていた。
昆虫たちは自然の中でのびのびと飛び回っている。
 小川のほとりに立つならの木には、おおきな
北軽井沢の別荘地に咲くスズランとショウジョウバカマ
ミヤマクワガタが、木のうろに入って汁を飲んでいる。その近くにはコガネムシやカミキリムシなどの小さな虫たちが一杯たむろしている。そこには自然のありのままの姿があった。
 「都会でコンクリートに囲まれて暮らしている人たちに、この自然を分けてやり、自然と共に生きる喜びを与えてあげたい。」
 浅日国三郎は小川のほとりに座って考えていた。
 「成功したら、永年考えていた夢が実現する。しかし、うまくいかなかったら・・・・・」
                                      つづく
  北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ