南木山物語(4)

北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ《田舎暮らし&リゾート》

トップ 貸別荘 地 図 別荘地の紹介 物語(1) 物語(2) 物語(3) 物語(5) 物語(6)


                   白糸の滝                                      作  唐松 緑

 高原の朝もやをくぐって、白いクラウンが軽井沢駅に着いた。
秀雄は車から降りて改札に向かうエスカレーターの方に行った。
 「いってらっしゃい。」
 良子は急遽東京に行くことになった秀雄を見送った。東京までは新幹線で2時間ほどだ。会社で何かトラブルが起きたようだ。
 「帰り道は白糸の滝のほうを通って帰ろうかしら。」
普段は軽井沢駅から中軽井沢に行き、北軽井沢に行くが、軽井沢から白糸の滝方面を通って、北軽井沢に行く道もある。  この道は軽井沢より北軽井沢に行く草軽バスの専用道路でもある。
北軽井沢の別荘 貸別荘に行く途中にある白糸の滝
 良子は軽井沢駅の正面を直角に真直ぐ通っている、通称軽井沢銀座通りに出た。
 夏になるとこの通りは大勢の人々が集まり、車道も歩道も、人や車であふれていて、通り抜けるのには大変な時間がかかる。
 今はシーズンオフなので車がスイスイと走る。軽井沢銀座を過ぎると、旧軽井沢の別荘地の中に入って行く。
ここからは松の古木に囲まれたとても気持ちの良い道だ。旧軽井沢は明治の頃、初めて軽井沢に別荘が建った所だ。夏になると一面に緑の苔が生え、所々に大きな羊歯が涼しそうに生えている。
 坂道を曲がって数分程進むと白糸の滝の横に出る。良子は白糸の滝の駐車場に車をとめて右側の細い坂道を滝の方に登って行った。
 「おお!寒い。」
無数の細い滝が、白い水飛沫をあげて落ちている。
誰も人がいない白糸の滝はほんとうに素晴らしい。滝壷は引き入られるような紺青だ。
 良子は震えながら滝を見つめていた。
我に帰って車に戻った良子は、峰の茶屋へと行き、峰の茶屋から北軽井沢・南木山へと一気に車を進めた。
 南木山の入り口近くにきれいな川が流れている。
この川は熊川の上流で、もう少し上に行くと浅間大滝いう大きな滝になっている。
北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチに近い秋の熊川

 「あら!」川の近くで良子が車を止めた。
 川の流れと、水のざわめきの中にその人は立っていた。
 細くすらりとした長身に水色の服を着ている。面長で透き通ったような顔、黒くふさふさとした髪が彫りの深い顔の美しさを際立たせている。繊細で細長い手にせりを何本か掴んでいる。
 切れ長で黒く涼しい目が良子の方を見た。
 良子はハッと息をのんだ。
 「まるで川の精だわ、あの人が桂木さん!」
 俗人にはない桂木のすがすがしい美しさに、良子は茫然として立ちつくした。
                      
                つづく  北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ