南木山物語(5)

北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ《田舎暮らし&リゾート》

トップ 貸別荘 地 図 別荘地の紹介 物語(3) 物語(4) 物語(6) 物語(7) 物語(8)

                    アゲハ蝶                                    作  唐松 緑

 「アレー カズくん そんなことをしては駄目よ。」 華子の声がする。
 「アッハッハ まあいいではないか。」 太郎の嬉しそうな声がしている。
 いつもは静かな松井太郎の別荘が今日は大変な賑わいだ。
久しぶりの3連休で東京に住んでいる次男の武と嫁の真理子、孫のいずみと和希が遊びにきているのだ。
 太郎と華子は可愛い孫たちが来てくれると嬉しくて、うきうきとして四六時中一緒に遊んでいる。
 「おじいちゃん、アゲハ蝶を見に行こうよ。」
朝食後にカズくんが言いだした。
 「いこう、いこう。」といずみはおばあちゃんの手を引っ張っている。
 アゲハ蝶は南木山の山一帯に生息している。
 別荘の前の砂利道に出ると,6歳のいずみと4歳の和希は犬のようにコロコロと走り出した。走っている後姿のなんと可愛らしいことか!
 犬を飼っていない太郎と華子は時々東京から遊びにくる孫たちと南木山を歩き回るのが嬉しくてたまらないのである。
 「おじいちゃん、おばあちゃん、はやく はやく。」
 孫たちはかなり遠くまで走って行っている。普段は東京のアスファルトの道を走っているので、砂利道が特別に走りやすいのか、跳ねたり、飛び上がったりしている。
 「多少の無理はあったがこの別荘を建てて良かった。」 いずみと和希の喜ぶ様を見て太郎は思っている。
 太郎と華子の二人はハア、ハアと荒い息をはいて孫たちを追いかけて行った。やっとアゲハがいつも飛んでいるところに着いた。ここは高山植物の花々が咲き誇っている場所だ。
 「ウアッ、アゲハだ!」和希が叫んだ。
 広い高山植物の花畑に大きな黒いアゲハが舞っている、近くに来るとバサバサと羽音がするようだ
 「さわったら駄目よ。」 手を出したら触れるようなまじかにアゲハ蝶がいるので、和希はさわりたくてうずうずしている。
 「朝日国三郎という人はこの南木山の中にはノコギリクワガタ、オニヤンマ、イトトンボ、等の昆虫類やリス、キツネ、タヌキ等の小動物が多いのを知っていてこの別荘地を造ったのですよ」
 「じゃあ昔はキツネやタヌキもいっぱいいたの?」
 和希がおじいちゃんに聞いた。
 「すこし少なくなったけど キツネやタヌキを見かけることがあるよ」
 「この間リスが松の木を登って行くのをみたね」 和希が嬉しそうにいった。
 「朝日国三郎さんは別荘地のあちこちに流れている小川を生かして昆虫類や小動物が住みやすい環境をつくったのですよ、このお話はとても長くなるので、後でゆっくりとお話してあげようね。」

                                        つづく  北軽井沢の別荘 貸別荘