南木山物語(2)

北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ《田舎暮らし&リゾート》

トップ 貸別荘 地 図 別荘地の紹介 物語(1) 物語(3) 物語(4) 物語(5) 物語(6)

  ジャーマンの散歩                               作  唐松 緑                                          
 朝の陽ざしが寝室のカーテンを通して、心地よく寝息をしている男の顔をなぜている
暗闇の中をもがき、苦しんでいるうちにかすかな光を遠くに見た。その光がどんどん近づいてくる。
「ウォッ」秀雄が目覚めた。「朝日か!」秀雄は再び目を閉じて、日の光が顔から体一杯に入り込んでくるのを、心地よく感じていた。
 小さな商事会社を設立して25年、試行錯誤を繰り返しながらの経営だった
時の政治、経済の大きな波に洗われて、『もう駄目だ』と思ったことが幾度もあった。
それでも25年、何とかやってきたという自負が秀雄にはあった。今は会社を長男の秀一に譲っている。
 ログハウスの階段をトントンと上がってくる足音がして妻の良子が寝室に入ってきた。
『おはようございます、朝食が出来ましたよ。』
と言って、一気にカーテンを開けた。
『今日はお天気がいいから、からまつの緑がとてもきれいね!』
急な陽ざしに戸惑った秀雄は少し小太りの体を揺らしながらベットを降りた。
 朝食は妻の良子が北軽井沢の農家に行って摘んできたブルーベリーのジャムつきトーストだ。
紅茶が白い湯気を上げている。
良子はジャム作りが好きで南木山の近くで採れる野いちごのジャムも作っている。
朝食後に犬のジャーマンを連れて散歩するのが、渡辺夫妻の南木山での日課となっている。

 南木山は約50万坪のきれいに植林されたから松林だ。そのから松林に砂利道がくねくねと行く筋も通っている。多くの道たちは互いにまじり合い、全長で20キロメートルにもなると言う。
 渡辺夫妻は毎日2〜3キロメートルを目安に散歩しているが、今朝のように快晴で気持ちの良い日は4〜5キロ位歩くこともある。
 高原の新緑は遅く、から松の芽吹きに合わせて足元の雑草もわずかに芽吹いている。
 砂利道の両側には四季折々に、さまざまな草が大小の花をつけている。白、赤、黄色、紫等々の野草の花々を見つけながら歩くのが、渡辺夫妻のかぎりない楽しみとなっている。

北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ
 南木山の白い管理事務所を通り過ぎると砂利道が斜めに交差している。
渡辺夫妻は道を右に進んだ。道の左右に山が傾斜していて急に景色が良くなった。
 『あら、可愛いスミレ、あそこにも、ここにも。』 山が傾斜して陽だまりとなったところに、薄紫のスミレが咲いている。
 突然、ジャーマンが走り出した。砂利道を走るのはジャーマンの最も好きな運動だ。曲がった砂利道に犬が消えて間もなく、激しく吼えるジャーマンの声がした。いつもの吼え方とは少し違う。渡辺夫妻も小走りに犬の吠える方へと行った。                                                                 つづく 
    北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ