南木山物語(13)

北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ《田舎暮らし&リゾート》

トップ 貸別荘 地 図 別荘地の紹介 物語(10) 物語(11) 物語(12) 物語(14) 物語(15)

              黒髪 1                             作  唐松 緑

 からまつの紅葉は、他の広葉樹にくらべて少し遅く始まる。
 広葉樹であるもみじの紅色、かえでの黄色、うるしの鮮やかな赤、くるみの橙色が山々をあざやかに彩る頃、からまつはやっと、その細い葉を黄金色に染めていくのである。
 秋も深まった日、華子が南木山の砂利道を歩いている。
 こがねいろをした唐松の細い葉が、時折はらはらと舞って、華子の長い黒髪に降りかかる。
 華子の周りには紅葉をした背の高い唐松が林立し、前方にはあざやかな紅色に紅葉したもみじの葉が、風に震えている。
 突然強い風が吹いて、華子の長い黒髪を首
北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージのモミジ
から背中の方に強くなびかせた。
 こまかい黄金色の雨が降るように、空一杯に唐松の細い葉が舞った。
 「きれい!」
 華子はうっとりとして上を見ていた。
 ふっと前方を見ると、風に舞っている黄金色の細い松葉の中からその人は現れた。
 細い長身の体に茶色の上着を着て濃い茶色のズボンをはいている。
 体中に黄金色の松葉をつけて、すくっと立っている様は、まるで松ノ木の精のように見えた。華子はハッとして息を飲んだ。
 一方、桂木の側から見ると、風に舞う黄金色のからまつの葉の中から、瞬間 華子が舞い降りたような、非現実的な思いで眺めていた。
 桂木は黄色い松葉を付けた、華子の長い黒髪の美しさに目をみはっていた。
 黄金色の唐松の葉が華子の美しい黒髪を見事に飾っているのである。
北軽井沢の別荘 貸別荘に咲くウメバチソウ
 二人は目礼をした。
 「きれいですね」
 桂木は華子の黒髪を見ながら言った。
 「本当に綺麗ですわ」
 華子は空中のからまつの葉を見て言った。
                            つづく
  北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ