南木山物語(11)

北軽井沢 別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ《田舎暮らし&リゾート》

トップ 貸別荘 地 図 別荘地の紹介 物語(8) 物語(9) 物語(10) 物語(12) 物語(13)

           華子 1                                 作  唐松 緑

 話は現在の南木山別荘地に戻る。
 松井太郎が広いベランダの椅子に座っている。からまつの木漏れ日の中で妻華子のことを思っていた。
 太郎と華子が出会ったのは、大学のキャンパス内にあるテニスコートであった。
 太郎はテニス部のレギュラー プレイヤーとして、大学の対抗戦に出ていた。
 そして優勝、準優勝をして大学にカップを持ち帰り、周囲の仲間たちから称賛されていた。
 2年下の華子がテニス部に入部してきた。
 「うおー べっぴんさんが入ってきた」
 「この大学にあんな美人はいないぜ」
 「それに、このテニス部に入ってくるなんて、
北軽井沢の別荘 貸別荘 コテージに咲くムラサキ
ラッキー」 男子部員はざわめき立った。
 女子部員達にとっては、あまり面白いことではなかったが、華子がプレーするテニスのうまさと華麗さには一目置かざるを得なかった。
 太郎のテニスは、太郎が6年制の私立中学に入学してテニス部に入ったときに始まった。  「お母さん、テニスの朝練があるから、朝は5時半に家を出たいんだ。出来たらお弁当は朝の分と昼の分の二つ作って欲しいんだ」
 弁当を二つ持った太郎は朝早く学校に行きテニスの早朝練習をした。
 午後には正規のテニス部の練習があるので家に帰るのはいつも夜7時過ぎとなっていた。
 家での太郎は フロ メシ ネルの状態となった。太郎の学校は東京でも有名な進学校だったので、母親は勉強のことを心配した。
 「こんなことでは勉強をする暇がないでしょう。テニスを少し控えたらどうかしら」
北軽井沢の別荘に咲くベニバナイチヤクソウ
 太郎は言った。
 「勉強は学校の教室で本気になってやっているよ。授業中には部活は出来ないことになっているから心配しなくていいよ」
 母親は次の言葉が出なかった。
                       つづく 
 北軽井沢の別荘 貸別荘 レンタルコテージ・ラーチ